最新ゲームとアニメーション制作

コストとの戦い

アニメーション制作は、コストとの戦いだとも言えます。
テレビアニメや劇場アニメに限らず、ゲームで使用されるアニメーションも同様です。

アニメーション制作は使用されるファイルの量で費用が変わってきます。
ファイル数が少なければ少ないほどコストは安くすみますが、そうして完成したアニメーションの動きはぎこちないものになってしまうでしょう。
なぜなら滑らかな動きにするためには、それだけ多くのファイルが必要だからです。
スマホゲームのアクションRPGなどは、多くのアニメーションが使われていることからコストがかかりますし、どこの制作会社でもアニメーション制作に多くの費用が割かれています。
とはいっても、あらかじめ決められた制作予算の中、いかにして動きのいいアニメーションを制作するかということに長年アニメーターたちは頭を悩ませてきたのです。

そして、「スパイン」というアニメーション制作ソフトウェアが開発されたことによって状況は大きく変わりました。
近年リリースされた「スパイン」は、ボーンという骨格データを保存することによって、少ないファイル数で滑らかな動きを表現できるソフトウェアで、これを使用してファイル数を減らせば、コストも軽減することが可能になったのです。
まさにアニメーション制作者にとってはありがたい機能と仕様のソフトウェアだと言えるでしょう。

スマホゲームでは頻繁にイベントなどがアップデートされ、そのたびに新しいアニメーションが追加されますから、それによるコストの問題が常につきまとっている状況でもあります。
ユーザーはどんなシーンが追加されるか楽しみにしているでしょうから、そこをおろそかにすることはできません。
だからこそコストの悩みや制作のストレスを軽減してくれる画期的なソフトウェア「スパイン」の登場は、アニメーション制作者に歓迎されたのです。
今では、多くの制作会社が「スパイン」を使用してアニメーションを制作しています。